園長挨拶

   本園は「神を敬い、人を愛する」キリスト教精神に基づいて、子どもたちが愛情に包まれ、 伸び伸びと心身の成長をするようにと運営されています。子どもは、神さまや親や保育者やきょうだいやお友だちから愛されているという安心感の中でこそ、その能力を十分に発達させることができます。
そうして培われた自己肯定感がその子の生涯に亘る安定した精神生活の土台を造るのです。
ご両親が働いておられるご家庭では、保育園での生活が大切となります。幸い、私たちの園では、愛情に満ちた経験豊富な保育教諭を揃えることができました。
私たちの園では、保育教諭を大切にして、決してオーバーワークにならないように努めています。この園で働くことに喜びと幸せ感をもっていてこそ、良い保育ができると考えているからです。
保育教諭さんたちは、こどもの円滑な発達を計るために各種研修会に参加する等、専門知識を深め、その実践に努め、子どもたち一人ひとりが、日毎に成長していくのを楽しみに、精一杯励んでおります。
園長 須田 博之
top_photo

沿革

  ルーテル二葉幼稚園は、1954年に北欧ノルウェーの宣教師ロルフ・グードイによって設立されました。グードイは就学前の幼児を教育する施設が少なく、有能な女性たちの働く場を提供するには幼稚園が最適な場として考えました。また彼は、聖書の教えの中に百匹の羊の群れの中から迷いでた一匹の羊を捜し求める羊飼いの姿から「ひとり一人を大切にする」 という教育の本質に立つ幼稚園を創るためにノルウェー人クリスチャンに呼びかけ、教会付属の幼稚園の建設を行いました。
そして、初代園長として「ひとり一人を大切にする」保育理念に立ち、神と人から愛される教育に情熱を注ぎました。
1984年に学校法人として認可を受け、知育・体育・徳育(心の教育)を充実させ、特に幼児期において最も必要とされる「心の教育」に傾注してまいりました。
1997年には、市内桜橋から南が丘に移転し、新園舎を建設して地域の人々から愛される幼稚園として活動しています。2018年4月から認定こども園として保育園部門を立ち上げ、再出発しました。
認定子ども園
今までの幼稚園舎の隣に三階建ての保育園舎を新設いたしました。

特色と内容

・保育理念
キリスト教精神に基づき、幼児の健全な心身の発達を図る。
1人ひとりの子どもが、神さまに愛されているかけがえのない存在であることを体験的に身につけると同時に、健康、運動能力の発達を促す。

in_picture

  • 0歳児(ひよこ組)担任 赤尾 ちあき  森島 紫織

    0歳児の発達と特徴
    ☆前期
     ・首がすわり、手足の動きが活発になる。
     ・寝返り、腹ばいなどの全身の動きも活発になる。
     ・泣く、笑うなどの表情の変化や、喃語などで自分の欲求を表現する。

    ☆後期
     ・座る、はう、立つ、つたい歩きができるようになる。また腕・手・指の動きも発達する。
     ・特定の大人との情緒的な絆が深まり、やりとりが盛んになる一方で、人見知りをするようになる。
    (✰注 人見知りは、乳児が保護者への愛着が深まり、安心して依存できることと、それ以外の人間に対しては
    明確に区別して、不安を示すことに因るのであって、健全な成長の一段階です。)
     ・離乳食から幼児食へ徐々に移行する。

    ★ ゆったりとした家庭的な雰囲気作りを心がけ、一人一人の子どもの状態や生活リズムに応じた環境を整え、安心して過ごせるようにしていきたいと思います。また、大きいクラスのお兄さん、お姉さん達や職員とも触れ合える機会を持つようにし、心と身体の成長、発達を促し、その姿を全員で喜び見守っていきたいと思います。

  • りす組(1歳) 平見 悦子   松島 美玲

    1歳児の発達と特徴
    ・つまむ、めくる、通す、なぐり描きをする、転がすなど動きが豊かになってくる。
    ・自分から呼びかけたり、片言を盛んに使ったり指示しや身振りで示そうとしたりする。
    ・離乳食完了期を迎え、幼児食になると同時に乳歯が少しずつ生えそろい始める。

    ★子どもたちが園での生活に慣れ、新しい環境に親しみ安心してすごせるよう日々の保育につとめています。
     保育園の中で、好きなあそびを存分に楽しみながら、色々なことが経験が出来るようにしていきたいと思います。

  • うさぎ組(2歳) 山川 梓   二葉 百香

    2歳児の発達と特徴
    ・歩く、走る、跳ぶなどの基本的な運動機能や、指先の機能が発達する。
    ・食事、衣服の着脱など、身の回りのことを自分でしようとする。また、排泄の自立のための身体的機能も整ってくる。
    ・行動範囲が広がり、探索活動が盛んになる中、自我の育ちの表れとして、強く自己主張する姿がみられる。

    ★2歳児は自立期に入り、「自分でやりたい」気持ちが強くなる時期です。できた喜びや満足感が自信となり、挑戦意欲を高めます。子どもの自主性を大切にし、「好き・やってみたい」「イヤ・もうやらない」等の気持ちをしっかりと受け止め、その場に応じた必要な援助をしていきたいと思います。

園に寄せられるご質問への回答

・FAQ

◆送迎バスはありますか?
  当園では、送り迎え時に生まれる親子のコミュニケーションや、そこから育つ子どもの感性を大切に考えております。また、担任と保護者 が直接顔を合わせて、情報交換することも大切にしております。故に、現在は送迎バスは予定しておりません。
◆保育時間はどのくらいですか?
  朝7時30分から夕方6時までです。やむを得ない場合に6時半まで延長しております。
◆休園日はどのくらいありますか?
  原則として、日曜日と祝日です。夏はお盆の期間の3日間休園協力日です。どうしてもの方は保育します。年末年始の6日間と年度末の2日間は休園日です。
◆園行事の際等、保護者の参加義務はありますか?
  働くお母様が負担にならないよう、配慮しています。ただし、年に一度くらいの当番によるご負担はご協力ください。また、入園式、卒園式にはご出席いただいております。